パートでも安定収入があれば消費者金融の利用可能

消費者金融は、安定した収入があることが利用条件ですので、パートで稼ぎが少ない主婦は利用できない、と思っている人もいることでしょう。確かに登録制の日雇いのように、毎月の所得にバラつきがあるような人は難しいですが、たとえ少なくても毎月安定した所得があれば、借入は可能です。但し、消費者金融は総量規制の対象になりますので、所得が少なければ借入限度額も少なくなります。毎月5万円の稼ぎなら年間で60万円ですから、1度に借入ができるのは20万円までです。月に3万円なら12万円まで、月に1万円なら4万円までです。収入が少ないにも関わらず、100万、200万とまとまった額の借入をするのは難しいと言わざるを得ません。
そして、収入条件さえ満たしていれば良い、というわけでもありません。消費者金融の利用条件にはほとんどが年齢条件が設けられています。65歳まで、70歳までなど、各社多少の違いはあるものの、年齢の下限は20歳以上とされていることがほとんどです。たとえ高収入であっても、パートではなく正社員として働いていたとしても、19歳の主婦は利用することができません。結婚して社会人としても一人前である19歳にとっては理不尽に思えるかもしれませんが、条件は貸す側に決める権利がありますので、仕方がありません。成人するまで待つしかないでしょう。
上限の年齢ですが、仮に70歳までとすると、71歳で新規申し込みをしても審査には通りません。利用中に上限の年齢を超えた場合は、超えてから新たな借入はできませんが、これまで借り入れたお金は、一括返済する必要まではありません。