自己破産後のカードローンの利用について

借金の返済に行き詰ってしまった場合、そのような状態をただ放置しておくのは得策とはいえません。債権者は返済の行き詰ってしまった人に対して法的に財産の差押えなどの強硬な手段を取ることが出来るからです。最悪の場合、給与を差し押さえられてしまったり、自宅を競売に掛けられてしまうことになるので、借金の返済を続けていくことが困難な状態になってしまったときには自己破産を含めた何らかの債務整理の手続きをすることを検討するべきです。
債務整理の手続きには借金による経済的な困窮度合いに応じていくつかの方法がありますが、なかでも借金による経済的な困窮の度合いが高い人に関しては自己破産によって債務の整理を行うのが一般的です。自己破産の手続きをすることによって、借金の返済が免責されることになり、抱え込んでしまった借金をゼロにすることができるからです。裁判所によって免責が認められれば借金はゼロになり、それまで苦しんでいた借金の返済から逃れることができ、心機一転新しい生活をスタートさせることが可能になるのです。
ただし、自己破産によって借金が免責になる代償として破産後の生活はある程度の制約を受けることになります。これは自己破産に限ったことではありませんが、債務整理をした事実というものは金融事故を起こしたと同じ扱いとなってしまい、その履歴は個人信用情報機関のブラックリストに載せられてしまうことになります。その結果、銀行のカードローンや住宅ローン、あるいは信販会社のクレジットカードなどの審査に関しては、ブラックリストに載っている期間内は通らなくなってしまうのです。