似たサービスのカードローンとキャッシングの違い

急な出費があった時、非常に役立つサービスがあります。
それは、専用のカードを用いて、コンビニなどに置いてあるATM、また消費者金融の窓口などからお金を借りることができるカードローンとキャッシングです。
どちらも何度でも自由にお金を借りることができます。
借りられる金額の上限に関しては、契約内容によって違ってきます。
なお、どちらも、審査に通る必要があります。
カードローンとキャッシングの違いとしては先ず返済方法が違います。
前者は分割払い、後者は一括払いになります。
分割払いは、毎月、借りた分のお金とその利息を少しずつ返していくという形になります。
月々に支払う金額は少ないですから、毎月の負担がすごく少ないです。
借りた金額が大きい場合、一括払いが難しいという場合は、分割払いが良いでしょう。
ただ、返済にかかる期限は長くなり、それだけ利息は多くなります。
一括払いは、翌月の返済日までに、借りた分のお金とその利息を返すという形になります。
一度に支払う金額は大きめになりますが、返済にかかる期間がわずか1ヶ月で済みます。
1ヶ月間は利息がかからないことも多いです。
今の時点ではお金が手元になくても、給料日にまとまった金額が手元に入ってくるという場合などなら、一括払いが良いでしょう。
上記のようにどちらが良いということではなく、どちらにもメリットもありますし、デメリットもあります。
自分の状況に合う方を利用しましょう。